ラブコンカラコンで私が選ぶならこれ


カラコンを紹介するにあたりご挨拶

ただ単に、ラブコンにはこんなシリーズがありますよ、人気ですよ、そんな内容なら他にはいくらでもあります。
私が書きたい内容は、どっちかというと、買ってからどうお手入れをして、目のことを考えていくかということです。
こういうことを書くと、危険なんだから付けないほうがいいという人もいるでしょう。
それも一理ありますが、そこは今回は置いておいて、どのくらいの期間つけるか分かりませんが、ラブコン含め、コンタクトレンズの危険性やもっと幅広い情報を載せていきたいと思います。

ラブコンカラコンの16mmはやっぱりデカイ

ラブコンといえば最大着色直径16.0mmで1年使用。
価格は3,480円で送料無料。
それだけワクワクします。

デザインを見るとやっぱり盛れるデカ目、派手めなのが多いですね。
私が選ぶとしたら、やっぱりこのあたりかな。

まずリニューアルする前に人気NO1だった「アーダー」が新しくなった「ニューアーダー(NewArdor)」でしょう。
これはラブコンを代表するシリーズじゃないかな。
ラブコンニューアーダーヘーゼル
これはヘーゼルの装着画像です。着色直径15.8mmはやっぱりデカいよね。

次は「ティアラ(Tiara)」かな。
ラブコンティアラブラウン
こちらはブラウン。
これぞ「目力」って感じの瞳。
着色直径16.0mmのデカさはだてじゃないね。

もう一つ挙げるとすると「タルト(Talt)」でしょう。
ラブコンタルトブラウン
こっちもブラウン。
これも着色直径16.0mmで発色もいいし、うるうるした瞳ならこれかな。

ラブコンカラコンニューアーダー(newardor)が頂点

今のところ私の中でのラブコンの頂点はnewardorですね。
リニューアルによって変更された点があります。
もちろんより魅力的になったと感じます。
例えば着色直径ですね。
14.5mmだったのが14.8mmになったり、度数が-8.00までになったりです。
ハーフ系の3色カラーですので、自然に馴染むとかナチュラルなタイプとは全く違います。

これをいろんなところに付けていきたいんです。
子供っぽい服装とかヘアスタイルだと似合わないでしょう。
大人っぽさやセクシーさをアピールするにはいいと思います。

ラブコンカラコンはこういう女性におすすめです

私なりの分析ですので、参考になるかは別にして、好きなように書いておきます。
まず、大きな括りで言うとラブコンは個人輸入サイトで、韓国から直送される韓国カラコンと呼ばれるものの一つです。
韓国カラコンの特徴としてレンズがでかい、未承認である、1年使用が多い、送料が高い、そういうところでしょうか。
ただ、一つ例外といいますか、他と違うのは送料無料であるという点ですね。
レンズのデザインについては、確かに着色直径16.0mmという大きさのがありますので、めちゃくちゃデカいのではないかと思うかもしれませんが、これはレンズをぺしゃっと潰した状態で測定した値でありますから、実際はDIA14.8mmとかです。
でも国内販売カラコンでこのサイズは見たことがありません。何か理由があるのかもしれませんが、とにかくこのサイズというのはやはり個人輸入代行サイトに多くあると思います。

このくらいの大きさになってきますと、初見でカラコンだとまず分かります。
いくら元の黒目が大きくてもこのクラスのサイズですと、カラコンだなって気づくでしょう。
目元のメイクが激しいと何が何だか分からないかもしれませんが、いずれにしても、ばれたくない人には向いてません。
付けてるのがわかってもいいし、逆にアピールしたいと思ってるくらいの女性でないとこのサイズは向かないでしょう。
デザインもハーフ系のとかも多いですし、ばっちりメイク、髪の毛もばっちり盛ってる、そんな女性にはうってつけだと思います。

PAGE TOP ↑